調律・調律師とお客様

調律 comments(0) trackbacks(0) gclef
こんにちは、北口です♪

「台風の置き土産」とニュースでお話されていましたが、
ほんとにその通り。秋風が心地よい気候になりました。

運動会シーズンも終盤に入り、行楽などで秋をお楽しみの方も多いのではないでしょうか♪

写真はないのですが、昨日調律にお伺いさせていただいたK様のところで
なにやらお子様お二人が忙しそうにしていたかと思うと後ろから、
『まだやで♪まだみたらあかんで!…い〜よ〜♪ピアノの先生こっちむいて♡』と(笑)

えっ?といいながら振り向くと、ハロウィンの仮装をしたガールが二人♪
魔女と黒猫ちゃんだったかな…黒いドレスを身にまとっておられました(笑)
小さい時から毎年仮装をされているようで、今年の衣装を披露してくれました♪
ダンスや英語教室へも月末は着ていかれるようです^^

最近のお子さんは、ピアノの横へ来て何か話そうとしてくれる子が多いです。
ピアノの中身のことが気になっている子もいれば、自分の演奏を聴いてほしくて弾いてくれる子、近況を報告してくれる子、何か弾いて♪とリクエストしてくれる子etc…

『邪魔になるからやめなさい!』とお母様の声が聞こえるケースが多いですが、
音を整える調律以外の掃除や調整をしている間は大丈夫だったりします^^
耳と口はお子様に、手はピアノに(笑)

『子どものころは学校に行ってる間に来てもらってたみたいで、中身なんて見たこと無かったです!』
『鍵盤ってはずせるんですね…!お掃除もするんですか!調整?こんなにたくさんの部品を?音を直すだけだとおもってました(*_*)』
というお言葉を、30代〜40代の奥様からよくいただきます。

せっかくお会いできたのですから、ピアノの中身のこと、ピアノの調律師という人がいること、何か現代のお子様には伝えることができたら嬉しいです。

定期調律でさせていただく仕事は、ピアノの音律維持はもちろんですが、
弾き手もピアノも常に変化するものですので、お使いになられる方に合わせてのステップアップを心がけています。
体の成長に合わせて衣類のサイズや素材が変わるように、ピアノへのアプローチも変化しています。ですので、調律を始める際に「お子様は何歳になられましたか?最近はどんな曲を弾かれていますか?」など、近況をお尋ねさせて頂いています。

『最近あんまり練習していないし、調律、少し先にしようかな…』

と思われたことのない方は少ないと思いますが(笑)、年に一度はピアノに会わせてください^^
調律の日を家族総出でお迎えしてくださるお家もあります。
時間も費用も頂くことではありますが、年に1〜2度、楽しみにしていただけると嬉しいです。




嬉しいプレゼント♪

調律 comments(0) trackbacks(0) gclef
こんにちは、北口です♪

先日火曜日のブログの続きを書きたいと思います。

じゃじゃーん!!
この絵は、午後から調律に伺った生徒さんMちゃんが描かれたものです♪

7月27日に開催した生徒発表会に出演したこと、夏休みの絵画の宿題の題材にチョイスされ
「はじめての発表会」というタイトルで描かれたそうです。

ピアノの大屋根の内側に鉄骨や弦、フェルトなどが映っている様子も描きたかったとのことで、屋根の内側が真っ黒ではなく色々な色が使われています!

さすが小学4年生ですね♪

初めての発表会が良い思い出として描かれたこと、主催者としてはとてもうれしいです♪

来年も楽しみにしています(^^)

iPhoneImage.png 

二つ目はこちら♪↓

iPhoneImage.png

iPhoneImage.png

静岡県へ家族旅行に行かれた時にみつけられ、
「翌週に調律の約束をしているし…♪」
と私のために買ってきてくださったのです(>_<)
恐縮ですが、ピアノモチーフのものには目がなく、ほんとにほんとに
嬉しかったので、喜んで頂戴してしまいました♡

パッケージを開けるのがもったいなくてたべられません…。。。(笑)

賞味期限は9月9日とのことなので、直前まで飾っておきたいと思います♪
Mちゃん、ありがとうございました♪

静岡県はお茶やウナギのだけでなく、浜松や掛川にピアノの工場や部品屋さんがあり、
ピアノの国内製造拠点でもあります♪
その町で、音楽振興活動として今、サービスエリアや駅に楽器ブースやピアノモチーフのお土産コーナーが作られています。

私も一昨年東京へ行った際に、行きも帰りも高速道路のサービスエリアへ立ち寄り、
それぞれのブースを堪能してきましたが、ピアノモチーフのものが大好きな方には
いくらでもいたくなるような場所になっていました♪

定期的にコンサートやイベントも行われているようですね♪

ぜひお近くまでいかれることがおありでしたら、立ち寄ってみてください♪

by北口晃代


ピアノの中身をレクチャー♪

調律 comments(0) trackbacks(0) gclef

おはようございます、北口です♪

今日も蝉の鳴き声と共に暑い一日が始まりましたね!

昨日は、朝から枚方市へ、午後は市内の生徒さんのお宅へ調律に寄せていただきました♪

枚方のA様は、元々大和郡山市内のご実家にお持ちだったご自身のピアノを新居へ運ばれる際にお問い合わせいただき、修理・調整・運搬をさせていただいたところからのご縁で、今年で5回目の訪問をさせていただきました♪

『いつも遠いところありがとうございます』

とお気遣いくださるのですが、私はお子様の成長と、奥様と音楽や子育ての話を共有できることが嬉しくて、毎年お呼びいただけることを楽しみにしています♪

今年は、去年ようやく440Hzから442Hzに引き上げたピッチが思った通り崩れていなかったので、ピッチ維持のまま崩れているハーモニーを直し、高音部の音あれの調整と、お子様たちへのピアノの内部レクチャーに時間を使わせていただきました。

年長になられたMちゃんと、小学3年生になられたAくんは、ピアノの外装が外れるたびに大歓声!(笑)
鍵盤を外して見せるともう大興奮♪

ハンマーが弦を叩くことで音が鳴るということ、ハンマーは何でできているか?
弦とハンマーの素材はなぜこの素材なのか?
ハンマーの大きさが音域で違うこと、弦の長さも違うことなど、順に話していくととても興味深く耳を傾け、私の問いかけに答えてくれたお二人と奥様でした♪

ハンマーは動物の毛でできているよ!
何の動物かな?

この質問、意外と難しいようで、いろんな答えがでてきます(笑)

『ねこ!』『いぬ!』『うま?』

昨日は奥様の『散髪できるんじゃない?色もヒントになるかもよ?』とのアシストで、『……。。。ひつじー?』との声が^_^

正解ですね♪

皮の部分も、同じく『ねこ、くま、いぬ…』などなど沢山の動物が登場し、『みたことあるとおもうよー』というと、『鹿!』と即答(笑)

さすが、奈良に所縁のある方ですね(=^x^=)

『ピアノの中には羊と鹿がいてるねー(笑)』なんて言いながら、ピアノは鉄の塊ではなく、色んな部材で作られている手の込んだ楽器だということをお話しさせていただきました。

鍵盤を外して土台の掃除をするときは、2人とも加勢してくれて、歯ブラシと筆をもって、キーピンとクロスの隙間を歯の隙間に見たてて一緒に歯磨き大会をしました(=^x^=)
隙間のゴミが虫歯の原因になることをわかっていたので、それはそれは入念に磨いてくれました!
キレイになって、すっきりしてピアノは絶対喜んでくれています。


お兄ちゃんは早くも全音ソナチネアルバム1巻の7番を練習されていて、聴かせてくれました!
まだ手の大きさと筋力が整っていないので、弾きづらそうな所もありましたが、柔らかくよく動く指と音楽を感じるセンスで最後まで弾かれてました。
奥様に持ってきてもらって足台を足してあげると、しっかり踏ん張れて手元にロスがなくなり、瞬く間に芯のある音色が聴こえてきました♪

調律だけではなく、足台の必要性と有効性もお届けできたかなとおもいます。

妹ちゃんは、耳がとても良く、奥様に教えてもらってアナと雪の女王の『ありのままで』と『雪だるまつくろう』のメロディーを両手を駆使して弾いておられました(*^^*)

右手だけだと忙しいことを、左手でサポートする!
目から鱗の弾き方でした(笑)
左利きで左がよく動く彼女のポイントを生かした弾き方で、さすがお母様!ですね♪
読譜をとても重視される先生に習われているとのことで、お二人とも私のもっていった楽譜もサラサラーっと読んで弾いて遊んでくれてました♪
やはり、読譜できることは重要で大切なことですね!

来年もまた成長されたお2人にお会いできることが、いまから楽しみです(^-^)/
来年も元気に調律師をしていられますように…♪

ピアノの中身を一緒に見たり触ったりしてみたい方は、遠慮なく話しかけてくださいね(=^x^=)
覗いてくれるだけで、オッケーです♪

お昼からの話はのちほど…♪

ラジオ体操♪

調律 comments(0) trackbacks(0) gclef


こんにちは☀ささせです(●^o^●)

毎日あついですね(^−^)
お盆前は台風が来たりと天気が荒れ模様でしたが、またお日様が出てきて
夏!って感じの日が続いてますね♪
昨日は急な雨で大変でしたが(+o+)(笑)
残り少ない夏ですが、最後まで夏を満喫できたらいいですね(^u^)♪

昨日は、お盆休み明けの初営業で、市内にある矢田山総合グランドと併設の体育館にアップライトピアノを貸し出す仕事をさせていただきました!

グランドと体育館にピアノの貸し出し?と思われた方もおられると思います(笑)
実は、今朝6時半から放送された、NHKのラジオ体操の収録が矢田で行われ、そのラジオ体操の曲を演奏するために、ピアノを用意させていただきました!
ラジオ体操といったら、カセットテープで再生して…というイメージでしたが、


昨日はお届けして調律をし、リハーサルをされて、今日が本番でした。
私、笹瀬は体育館に設営したピアノを担当したのですが、運動場も体育館もとっても暑くて、汗だくで調律してきました☀(笑)


やはり、体育館はよく響きますね(^−^)
上の蓋(天屋根)を開けるとさらによく響きます。
1000人規模のラジオ体操ってものすごいですよね!
今朝は朝4時入りで、先輩が本番前の最終チェックで調律に行かれました。前日の雨の影響を受けて、リハーサル前の調律で整えた状態から変化していたようで、早朝だったけれど、当日チェックを入れておいてよかったとのことでした。ピアノってやっぱりデリケートですね。生きています。
しかし、こんな早朝からの調律はなかなかありません(゜レ゜)!
わたしも本番のピアノの調律を任せてもらえるように、今後も修行します(^◇^)!!

そして、別件ですが先日告知しておりました、【なつやすみレッスン】は今日が1日目でした♪

レッスン室から楽しそうな声が聞こえてきていたので
参加された生徒さんには喜んでもらえたのかな?と安心しております(^O^)
今ブームのアナ雪が聞こえてきました(●^o^●)

ピアノやバイオリンと違い、鍵盤ハーモニカとリコーダーは
自分の息を吹き込んで演奏するのでタンギングがありますね。
このタンギングがなかなか難しいです(>_<)

今回はそこを指導いただけるように、フルート専攻の先生をお招きしましたので、
ばっちりレッスンしていただけてました(*^_^*)
やはり、その道のプロから教わるものは違いますね($・・)♪


まだまだ、27日、29日分は募集していますので
ぜひご参加くださいね♪
各日3日前が申込みの締切日となります!


笹瀬あゆみ






片道111km先まで調律へいってきました?

調律 comments(0) trackbacks(0) gclef
こんにちは、北口です♪

先日、ジークレフから111km離れた場所まで調律にいってきました!

ジークレフは、奈良県大和郡山市にあります。
大和郡山市から111kmというと、どのあたりだと思いますか???

西へは神戸市三ノ宮あたりや、東へは三重県名張市あたりが60km弱のエリアです。

この辺りはお客様も多く、わりと出向く県外エリアなのですが、111キロは、120kmあった滋賀県長浜市につぐ距離でした!

電車で行こうか、車で行こうか、迷いに迷った末、普段から車移動主体なので電車のネックを飲み込めず、車でいってきました。

名阪国道を走り、東名阪道を走り、『三重県桑名市』へいってきました(*^◯^*)

桑名といえば、やきはまぐりが有名なんですね!
貝が苦手な私にはあまり嬉しくない話しです…。

神戸まで往復する距離が片道分って、ちょっとくるしそうだなぁと構えて挑んだのですが、新しい社用車のおかげで、快適に運転でき90分で現地に到着できました。



現地で私を待っていたのは、

ヤマハの新品アップライトピアノb121という機種二台。

さすが新品、傷もなく真っ黒ピカピカで、蝶番もピカッと光っていて鍵盤も傷がなくとても気持ちがよかったです♪
新品ならではの心地よさですね。

新品は抵抗も強く、いつも以上にピアノの機嫌を伺いながら調律していかないとこちらの話を聞いてもらえなくなるので(笑)、まず今の音を聞いて、鍵盤やアクションの状態チェックからスタート。

新品なんだから、何もすることないのでは?と思われる方が多いと思うのですが、調整は、出荷前調整以降の環境や運搬、納入場所など色んな環境の影響を受け変化を起こします。

今回のピアノも一台目は音の崩れはボチボチでしたが、鍵盤の高さがガタガタだったり、鍵盤の下がる深さが深すぎだったりと土台の調整から崩れてしまっていました(^^;;

二台目は音の崩れは壊滅的でしたが、調整は落ち着いていました。

調整もして、調律もして、鍵盤下の木くずなどの掃除もして、予定していた一台の時間ではまとまらない作業でした(*_*)

二台とも終わってからまた一台目をチェックして、バラツキを整えて、スタッフさんにチェックしてもらい完了!

一台は、わりと広めのフリールーム的なレッスン室に。もう一台は、個室のレッスン室に。
同じモデルのピアノでも入る部屋が違うと鳴り方や響き方が顕著に違い、スタッフさんも驚かれていました。

同じモデルだから音が同じということはありませんが、それ以上に違うものに感じました。

両室ともしっかりした防音室で、外の音が全く聞こえませんでした。

ということは、中の音も聞こえていないということですよね。

新しい教室で、来週から体験レッスン会をスタートされるとのこと。
体験までに調律が間に合ってよかったー!
あの音では弾かせられなかったです…>_<…

そして暖房を使用し寒暖差の激しいこのシーズン、納品されたばかりのピアノはどう変化をしていくでしょう…。

一人でも多くの方に楽しんで弾いていただけることを願って調律してきたので、これからたくさんの方にたくさん弾いてピアノを育ててもらえると嬉しいです(*^_^*)


by キタグチ♪

嬉しい依頼♪

調律 comments(0) trackbacks(0) gclef
 
おはようございます

今日も最高気温は36℃になると天気予報で言っていました…


屋内での熱中症も今年は多いみたいで、こわいですね


今日は午後から倉庫でピアノの作業をするので、
しっかり暑さ対策グッズを用意して挑みたいと思います


本日作業を開始するピアノさんは、お子様がピアノを習い始めたので、
お母様が子供のころに使っていたピアノをもう一度使いたいという
嬉しいご依頼でお預かりしたピアノです。


購入からは30年ほど経っていますが、置いている場所がよかったので、
大手術はせずに済みそうです。


黒のピアノなので、外装の磨きと消耗部品の交換、アクションの運動調整、
そして調律を行ないます。
25年ぶりの調律なので、何回か時間を空けて調律します。


これからまたお子様が大きくなっても楽しくお使いいただけるよう
しっかりメンテナンスして元気な姿でお届けします


元気になったらどんなすてきな声でおしゃべりしてくれるのか、
とても楽しみです



ジークレフの倉庫はピアノでいっぱいです


ピアノをお探しの方はぜひお気軽にご連絡ください


by Kitaguchi








嬉しい依頼♪

調律 comments(0) trackbacks(0) gclef
 
おはようございます

今日も最高気温は36℃になると天気予報で言っていました…


屋内での熱中症も今年は多いみたいで、こわいですね


今日は午後から倉庫でピアノの作業をするので、
しっかり暑さ対策グッズを用意して挑みたいと思います


本日作業を開始するピアノさんは、お子様がピアノを習い始めたので、
お母様が子供のころに使っていたピアノをもう一度使いたいという
嬉しいご依頼でお預かりしたピアノです。


購入からは30年ほど経っていますが、置いている場所がよかったので、
大手術はせずに済みそうです。


黒のピアノなので、外装の磨きと消耗部品の交換、アクションの運動調整、
そして調律を行ないます。
25年ぶりの調律なので、何回か時間を空けて調律します。


これからまたお子様が大きくなっても楽しくお使いいただけるよう
しっかりメンテナンスして元気な姿でお届けします


元気になったらどんなすてきな声でおしゃべりしてくれるのか、
とても楽しみです



ジークレフの倉庫はピアノでいっぱいです


ピアノをお探しの方はぜひお気軽にご連絡ください


by Kitaguchi








びっくり!!

調律 comments(0) trackbacks(0) gclef
 
みなさん、ピアノの湿気を気にする時期はいつ頃ですか?

私が調律にお伺いした先では、大半のお客様が「梅雨前後」とおっしゃられます


たまに、「冬になると窓に結露がひどくて、ピアノの外装も汗をかいているみたいに
びちょびちょになるんです」というお話もあるのですが、春に調律に行ったときは
特に影響もでていなくて元気…☆


ところが、通年秋頃にお伺いしていてほどよく乾燥していて乾燥剤をいれることもなかった方で、
時期がずれて先日お伺いした2件が、湿気てピアノの中の部品にカビが生えていたり、
フェルトが湿気を吸ってモケモケとしていたり、予想外の状態になっていたのです


お客様に尋ねてみると、「普段は使わない部屋だから冬は窓もほとんど開けないし、
レッスンの時だけ部屋を温めて、終わったらまた締め切っています」とのこと。


温まった空気が冷えて、空気の移動がない状態で、何時間または何日かすごすので、
水蒸気状態?でピアノに寄って行ってしまっているようです。。。

一年中湿気ている環境ではないので、幸いカビはさらっふき取れましたが、
これからは鍵盤の下に入れられる乾燥剤をいれて、お部屋にも除湿剤を設置してもらい、
定期的に換気もしてもらうことでピアノを管理していくことになりました

1台は消音機構も取り付けているので、湿気大敵なんです

たまたま時期がずれたおかげで発見できてホッ

みなさんも思い当たる節があれば、ご注意下さい

心配な方は、ご連絡いただければ状態チェックにお伺いしますので、
お気軽にご連絡下さいね

ちなみに、床暖房設置のお部屋に置かれている方は、過乾燥要注意です
床暖房対策のピアノ用敷物もございますご活用ください


Kidaguchi

調律師

調律 comments(0) trackbacks(0) gclef

 はじめまして、ジークレフのMikasaです。

お客様のお宅訪問と事務所でデスクワークなどもしております。ぜひ宜しくお願いします。

 

まず、今回はお客様によく聞かれる「調律師」になるには?」をテーマに書いてみたいと思います。

今世の中の調律師さんのほとんどがメーカーの養成所や専門学校で2,3年の訓練を受けた方ではないでしょうか。

 

調律学校では、基本的に朝から夕方までずっとピアノ漬けです。調律BOXといわれる個室で隔離されたかのようにひたすら黒と白の前で一日を過ごします・・。  定期的に試験があり、制限時間内に指定された調律を行い教官の検査、チェックを受け点数を付けられ露骨に発表され、席順なんかも決められてしますので、生徒はそれぞれお互いに負けん気で熱心に授業、ピアノに向かう生徒がほとんどです。学校側もそのような気持ちをあえて煽るような仕組みを考えてるようです

 

ちなみによく聞かれるのが、小さい頃からピアノをしていたんですか?という質問なんですが、意外とそうでもないようです

「吹奏楽をしていたので、なんとか音楽を仕事にしたかった」という方は結構いるように思います。

「一度企業へ勤めたけども、デスクワークで上司がいつも近くにいてるので、上司イビリのない出張の仕事を・・。」なんて人も

「子供の頃、調律師の仕事を見て」という方ももちろん。(自分もそうなると思います。)

 

いずれにしてもみんな「音楽が好き」な方ばかりです。そしてお話し好きな方がとても多いですよ。近々調律の予定をされている方はぜひ色々話かけてみてくださいね。

 

では、また次回は続きを書きたいと思います

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM