今日は学校調律

- comments(0) trackbacks(0) gclef
 学校の調律の時期にはいっていてバタバタしております。
今日は音楽室のピアノでした、とにかくすごく消耗します・・。専門的に弾かれる方の次に消耗が早い環境かもしれませんね。
なにやらこの学校「スーパーサイエンスハイスクール」というらしいです。文部科学省認定の理系に重点を置いた教育を行えるとのことで、随分賢そうな学生ばかりでした^^

2台向かい合って格好いいです、やっぱりグランドピアノ。



だいたい30年〜20年ほど前のピアノが多いでしょうか。音はぺんぺん、タッチがギシギシ・・。
本来これぐらいの年代になりますとまずオーバーホール修理に該当してきます。学校さま、早めに大掛かりな修理をしてください(><)

ほっておくとひたすら状態劣化がとまらないので調律訪問時にできるだけ調律以外に各部品の手入れや乱れた調整を元に戻すべく時間を忘れて取り組みます。あっという間の2時間。

内部を掃除しています。掃除はなかなか侮れなくて、湿気の防止や気持ちよく弾くための基礎であると思います。案外調律作業より内部の調整をしている時間の方が長い場合が多いですね。


来年は自分が作業担当ではない可能も十分にあるので、「今ここでやらないとっ!」という気持ちで各作業作業を行うように心がけています^^

最後に、鍵盤を拭きおえて蓋をしめます。
「あれ?良く響くようになった、弾きやすくなった!」と思っていただきピアノのとのつながり、音楽とのつながりを再確認していただけば大変うれしいです。


そして、帰って事務所でピアノ修理をしてます。



ジークレフの教室にきていただいている方々は見慣れた風景だと思います^^
これは鍵盤の横ぶれが大きくなってきた時のクロスの張替えです。

またブログでいろいろ「ピアノ」や「調律」に興味をもっていただけるよう更新していこうと思います^^
  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM