グランドピアノc3ご納品。

- comments(5) trackbacks(0) gclef
 一連のグランドピアノの納品がある程度完了しました^^

こちらはC3です。
無理なくバランスがよいのはGシリーズだと思いますが、触りごこちで印象的なのはCでしょう。
ヤマハが誇る世界的な銘柄です。
今回は80年製造のヤマハでした。当店では100万円以内のものを多く在庫してます。
理由は色々ありますが、「手の届きやすいグランド」というコンセプトが大きな柱です。
ありがたいことに国産は当時さらに作りがとてもよかったのです。

現在、ネットの店舗などでは、もう少し高年式のものが頻繁に取引されていることが多いです。高年式のものが目に付くはずです。ヤマハでいくと値段は100万~150万程度。



きれいにおさまってくれました。

「時代を象徴する音」
というものは本当にあると思います。
たとえば有名なスタインウェイもクラシックに精通している方は黄金時代の
名演奏家(1900年初頭より1980年代くらいまで)のスタインウェイは、なんとも個性や主張がはっきりとあるように聞こえます。
整然と整った現代のピアノも良いのですが、また違い、有無をいわせぬ説得力とエネルギー
が違うように思います。またピアニストのカラーもカラフルであったように思います。

ヤマハのGPでいくと80年くらいまでは、音が非常にクリアで明確で虚飾がなく、
指のコントロールと音色の関係が1=1で演奏が非常にしやすいように思います。
指と音の間に余計なものがない感覚でしょうか。



さて、鍵盤はお客様のご希望で黒檀へ変更。
白鍵盤は人工象牙へ変更。つまりすべりにくくより自然なタッチが可能です。

とりわけ黒檀鍵盤の触感は格別と言わざるを得ません!
構造上、慣れないうちは黒鍵はひきづらいですが、
感触がよいとついつい触りたくなり、黒鍵と仲良くなりやすいと思います。
自分が志の一つとして掲げている

「ピアノとの距離感をもっと近く」なることを意味します。


よくいわれるのが、アクリル白鍵(通常のプラスティック系)に黒檀黒鍵は相性いいの?
問題ありません。触っているだけで心地よくて、指が喜ぶ感覚があるように思います(交換6万円程度)

このピアノで当店定価76万円でした。色々追加修理ありましたが、家にこれだけしっかりしたグランドピアノがこの値段であればお客様はうらやましなと思う性能を秘めています。
これから大曲にもチャレンジされるとのことで、このピアノならチャイコフスキーのコンチェルトすらこなすでしょう。

年式の新しさだけで決めてしまわず色々見て触ってみてください^^
※年式が古いと本体材質は良いですが、内部の消耗部品は交換しないといけませんそのままだと当然良い音は得られません。キチンと整備したピアノを触ることが条件にはなると思います。

グランドピアノはそれほど金額的に遥かに手の届かないものではないです!


最後に中古C3タローネすこーしづつですが、修理できてきてます(笑)
はりかえた白鍵盤(アクリル)ツルッっと仕上がってます。


磨かれた鍵盤からアクションを突き上げるボタン


鍵盤の滑りを決めるバランスピンもしっかり仕上がってます。
基礎の鍵盤フレームの木材が抜群に良いです。


なんとか順調に仕上がりますように・・・。早く音がききたいです。。。
  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧

      はじめまして。
      32年前のヤマハc3は、黒檀鍵盤でしょうか。
      80年台後半の製造になるかと思います。

      カワイのキーホワイトという鍵盤拭きで拭いても差し支えないでしょうか。

      白鍵については10年前にニューアイボリーからアクリル鍵盤に変えています。

      私の調律師さんより、ジークレフさんの方がヤマハ中古グランドピアノをたくさん扱われているので、お尋ね致しました。

      お忙しい中、すみませんがお返事をお待ちしております。

      • グリュックさん
      • 2020/03/09 1:30 PM

      グリュックさん

      こんにちわ、お問合せありがとうございます。

      その年代でしたら黒檀の成分が白鍵へ色写りして白鍵が黒くなってくる時代のやつですかね。

      原則として、水分で扱わないほうがベターかとは思います。
      もし頑固に汚れがのこっていれば、スチールウールのもっとも細かい番手のもので汚れを落としたりしています。

      水であれば、慎重にやりすすめれば大きく変化はないと思いますが、製品化されているものであればその他の成分を含んでいるので、どう変化するか保証ができないところがあります。

      ただ、店に入荷して再生品として再生過程にあるピアノでは、もし多少変化しても対応の幅があるので水気のもので汚れを落とすこともあります。

      明確なお返事ができなくて申し訳ありません。

      • ジークレフさん
      • 2020/03/10 11:15 AM

      ジークレフさま

      ご回答ありがとうございました。

      では、この年代のC3ピアノは、黒鍵は黒檀なのですね。
      黒檀調かと思っていました。

      確かに鍵盤が茶色に変色して、(他の汚れもあるかと)汚くなってしまいました。

      最近のコロナ騒ぎで鍵盤を除菌したいと思い、キーホワイトという鍵盤拭きを購入したのですが、黒檀には使用しないでくださいと書いてありました。
      アクリルの白鍵を拭いているとどうしても黒鍵も触れてしまいます。今日はそれなりに黒鍵も磨いてしまい、その後、乾拭きしました。

      • グリュックさん
      • 2020/03/11 12:48 AM

      グリュック様

      なるほど、そうゆうことですか。
      お持ちのものは、黒檀により近い天然木、紫檀かなにかを黒檀に似せて作ってあったとおもいます。その黒の成分が白の当時の人工象牙が反応して人工象牙が黒くなるようだったようにおもいます。

      除菌とあればその都度、研磨してられないおもいます。様子見ながらクリーナーも多少つかうしかないかもしれませんね。

      クリーナーメーカーから情報あればまたきいておきますね。


      • ジークレフさん
      • 2020/03/12 12:01 AM

      グリュック様

      お世話になります。
      YAMAHA黒檀調についてです。
      キークリンの方は、象牙にも使用が可能で、人工黒檀へも使用も可との返事がありましたが、現行品ではない場合は確実はお返事はしかねますが、様子見ながら進めてほしいというような回答でした。キークリンは万能性が高いという回答もありました。
      ちなみに店在庫はございますが、現在、メーカーは当面品切れではあるようですね。

      ご報告しておきます。
      このご返信目に留まってくれればよいですが…。
      よろしくお願いいたします

      • ジークレフさん
      • 2020/03/18 10:24 AM
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM