張弦

ピアノ comments(0) trackbacks(0) gclef
 


こんにちは。今日は以前行った近所の保育園さんに張弦に行ってきました(´・ω・`)!

定期調律をいただいている保育園さんなんですが、今年行かせていただいたとき
いざ調律をしようと準備していたら断線(切れている弦)を発見!

ピアノはヤマハU1 42万代の製造番号です。
昭和40年の製造で、製造から50年経つピアノです♪
外装は真っ黒ではなく、ツヤ無しのえんじ色でとても可愛いのです。
 



これは切れてる弦を外したところです。
写真の真ん中の弦がいないところを張っていきます。
2つめと3つめのピンにかかってUの字に張ってある弦でした。



弦を張るとき、くるくるとピンに巻きつけて張るので
巻きつける前にピンを緩めておきます。



最初は下のピンから張っていきました。
思っているより弦が固くて、うまい具合に動いてくれずなんとか下のピンに弦を張りました。(笑)







丸いドーナッツの入れ物に弦が入っています。
そこから必要な長さをはかってワイヤーカッターで弦を切ります。
弦を図るのには調律の道具も使います。





そしてこんな感じに色が銀色のところが新しい弦です。
張り替えたところだけ、弦の色が違いますね( ´ ▽ ` )


張弦したばかりの弦は音程がとっても狂っているので
弦が切れていなかったピン(1番上のピンですね)に音程を合わせます。

最後にアクションを収めてもう一度調律して完了です♪




張ったばかりの弦はその場で調律しても
1週間もすればまた狂ってくるので、来週そこの音だけ再調律にお伺いします。


ご家庭や施設様に調律に回っていても弦が切れていることはほとんどなく、
久しぶりに張弦しました。
たまには練習しないと、自分の思った通りには出来ませんね。(笑)

なんとか、収めることが出来たので良かったです。




今日のピアノです(*´ω`*)
また来週頑張ります( ´ ▽ ` )


BY 笹瀬あゆみ




  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM