びっくり!!

調律 comments(0) trackbacks(0) gclef
 
みなさん、ピアノの湿気を気にする時期はいつ頃ですか?

私が調律にお伺いした先では、大半のお客様が「梅雨前後」とおっしゃられます


たまに、「冬になると窓に結露がひどくて、ピアノの外装も汗をかいているみたいに
びちょびちょになるんです」というお話もあるのですが、春に調律に行ったときは
特に影響もでていなくて元気…☆


ところが、通年秋頃にお伺いしていてほどよく乾燥していて乾燥剤をいれることもなかった方で、
時期がずれて先日お伺いした2件が、湿気てピアノの中の部品にカビが生えていたり、
フェルトが湿気を吸ってモケモケとしていたり、予想外の状態になっていたのです


お客様に尋ねてみると、「普段は使わない部屋だから冬は窓もほとんど開けないし、
レッスンの時だけ部屋を温めて、終わったらまた締め切っています」とのこと。


温まった空気が冷えて、空気の移動がない状態で、何時間または何日かすごすので、
水蒸気状態?でピアノに寄って行ってしまっているようです。。。

一年中湿気ている環境ではないので、幸いカビはさらっふき取れましたが、
これからは鍵盤の下に入れられる乾燥剤をいれて、お部屋にも除湿剤を設置してもらい、
定期的に換気もしてもらうことでピアノを管理していくことになりました

1台は消音機構も取り付けているので、湿気大敵なんです

たまたま時期がずれたおかげで発見できてホッ

みなさんも思い当たる節があれば、ご注意下さい

心配な方は、ご連絡いただければ状態チェックにお伺いしますので、
お気軽にご連絡下さいね

ちなみに、床暖房設置のお部屋に置かれている方は、過乾燥要注意です
床暖房対策のピアノ用敷物もございますご活用ください


Kidaguchi
  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM