ピアノの中身をレクチャー♪

調律 comments(0) trackbacks(0) gclef

おはようございます、北口です♪

今日も蝉の鳴き声と共に暑い一日が始まりましたね!

昨日は、朝から枚方市へ、午後は市内の生徒さんのお宅へ調律に寄せていただきました♪

枚方のA様は、元々大和郡山市内のご実家にお持ちだったご自身のピアノを新居へ運ばれる際にお問い合わせいただき、修理・調整・運搬をさせていただいたところからのご縁で、今年で5回目の訪問をさせていただきました♪

『いつも遠いところありがとうございます』

とお気遣いくださるのですが、私はお子様の成長と、奥様と音楽や子育ての話を共有できることが嬉しくて、毎年お呼びいただけることを楽しみにしています♪

今年は、去年ようやく440Hzから442Hzに引き上げたピッチが思った通り崩れていなかったので、ピッチ維持のまま崩れているハーモニーを直し、高音部の音あれの調整と、お子様たちへのピアノの内部レクチャーに時間を使わせていただきました。

年長になられたMちゃんと、小学3年生になられたAくんは、ピアノの外装が外れるたびに大歓声!(笑)
鍵盤を外して見せるともう大興奮♪

ハンマーが弦を叩くことで音が鳴るということ、ハンマーは何でできているか?
弦とハンマーの素材はなぜこの素材なのか?
ハンマーの大きさが音域で違うこと、弦の長さも違うことなど、順に話していくととても興味深く耳を傾け、私の問いかけに答えてくれたお二人と奥様でした♪

ハンマーは動物の毛でできているよ!
何の動物かな?

この質問、意外と難しいようで、いろんな答えがでてきます(笑)

『ねこ!』『いぬ!』『うま?』

昨日は奥様の『散髪できるんじゃない?色もヒントになるかもよ?』とのアシストで、『……。。。ひつじー?』との声が^_^

正解ですね♪

皮の部分も、同じく『ねこ、くま、いぬ…』などなど沢山の動物が登場し、『みたことあるとおもうよー』というと、『鹿!』と即答(笑)

さすが、奈良に所縁のある方ですね(=^x^=)

『ピアノの中には羊と鹿がいてるねー(笑)』なんて言いながら、ピアノは鉄の塊ではなく、色んな部材で作られている手の込んだ楽器だということをお話しさせていただきました。

鍵盤を外して土台の掃除をするときは、2人とも加勢してくれて、歯ブラシと筆をもって、キーピンとクロスの隙間を歯の隙間に見たてて一緒に歯磨き大会をしました(=^x^=)
隙間のゴミが虫歯の原因になることをわかっていたので、それはそれは入念に磨いてくれました!
キレイになって、すっきりしてピアノは絶対喜んでくれています。


お兄ちゃんは早くも全音ソナチネアルバム1巻の7番を練習されていて、聴かせてくれました!
まだ手の大きさと筋力が整っていないので、弾きづらそうな所もありましたが、柔らかくよく動く指と音楽を感じるセンスで最後まで弾かれてました。
奥様に持ってきてもらって足台を足してあげると、しっかり踏ん張れて手元にロスがなくなり、瞬く間に芯のある音色が聴こえてきました♪

調律だけではなく、足台の必要性と有効性もお届けできたかなとおもいます。

妹ちゃんは、耳がとても良く、奥様に教えてもらってアナと雪の女王の『ありのままで』と『雪だるまつくろう』のメロディーを両手を駆使して弾いておられました(*^^*)

右手だけだと忙しいことを、左手でサポートする!
目から鱗の弾き方でした(笑)
左利きで左がよく動く彼女のポイントを生かした弾き方で、さすがお母様!ですね♪
読譜をとても重視される先生に習われているとのことで、お二人とも私のもっていった楽譜もサラサラーっと読んで弾いて遊んでくれてました♪
やはり、読譜できることは重要で大切なことですね!

来年もまた成長されたお2人にお会いできることが、いまから楽しみです(^-^)/
来年も元気に調律師をしていられますように…♪

ピアノの中身を一緒に見たり触ったりしてみたい方は、遠慮なく話しかけてくださいね(=^x^=)
覗いてくれるだけで、オッケーです♪

お昼からの話はのちほど…♪

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM