大人の発表会とピアノの宣伝と。

- comments(0) trackbacks(0) gclef
ブログ、ほったらかしになっておりました・・。
忙しいのは大変忙しいのですが、うまく計画が立てれていなくて、下手にバタバタしています。

まず、は大人の発表会が終わりました。
文字でつらつら書き続けてもしかたありませんのが、またご紹介します。
自分自身もギターで簡単な参加をしました。
ギター講師が突如これなくなり緊急に仲間にはいらせていただいたのですが、当初は練習の責務と重荷がつらかったのですが、舞台にお邪魔して良かったと思っています。

・まず他の2人の邪魔をしない

・とにかく合わせる

・最大限楽しんでやる

の3点を課題としていました。
楽しむために技術の余裕を確保するためある程度練習しましたが、煮詰めきれなくて、技術の心配をいちいちしないといけない状態で本番になってしまいましたが・・。

自分の考えは、人の前で演奏する、自分の演奏を聴いてもらっている、なのでやはり聴いている人に楽しんでほしい。
楽しめせ方は舞台にあがったときからスタートしていると思います。
演奏が立派でなくても良いと思います。
これ見よがしでもよし、はったりでもよし、人が楽しむには自分が楽しんでいないと。
恥はかき捨て、笑顔は残ると思っています。

今年も皆様の演奏にそういった感覚が一層感じられた充実した時間をいただいた気がします。
本当に会に関係していただいた皆様に感謝していますm(__)m楽しかったですよね。
なんとも画像がなくてなんのこっちゃですが、運営側として「日頃の喧騒を離れた2時間」に一層していければと思っています。

それと、斑鳩店がようやく本格稼働へ向かっています。
年末ですので、お問い合わせがはいってきています。
が・・。肝心の本体、間に合ってません。
人を増やしていますが、進みが悪くて段取りの指示がうまくできていなくて反省しています・・。

とりあえずお問い合わせが増えて来ているのでここでも簡単な詳細とみにきてもらえそうな数台をご紹介。



・YAMAHA W103 ウオールナット木目 専用椅子つき(クッション張り替え済み)
 324.000円(税別)(年末の特別サービスは検討中です)

外装は全体的に塗装をしてあるのでほとんどいうことはありません。
サイド下の方に修正した後が少しありますのでご確認いただく必要がありますが
内部もある程度調整してありますので弾いて選んでいただける状態に結構近いかと思います
鍵盤の各々の重量バランスを見直して調整してあります。
弾きやすくて、高圧的ではありません。
外装を通過して響く音が魅力的です、伴奏用にも◎(まだ内部調整のこしです、納品時には2割程度底上げしてお届けします)





2、KAWAI マホガニーGE20(※こちらは現在お問い合わせ中です、もしご興味ある方は一度当店へお問い合わせください。)こちらは先日ご紹介してありますので、今回はグランドピアノの優位性を兼ねてご紹介

サイズが大きければ、中低音が音量があり奏者に満足感を与えますが
「何か表現するのに足りないサイズ」
という意味合いに関してはあまり賛同的ではありません。
有名な話でいくと、ポリーニやミケランジェリのような世紀の達人は普段アップライトや小型の1型サイズで練習していた言われます。
いつからはじまったのか、中型大型ピアノを良しとする風潮は国内ではまだまだ根強いですね。
1番左のソフトペダルは、音を柔らかくします、通常これが目的と思われがちですが、構造上3本の弦の内1本が外れることにより外れた1本が共鳴する役目があり、響きが増します。同業者でも結構知られていません。
ここにグランドピアノの表現の豊かさがあります。
一度単音でソフトペダル オン オフを比べてみてください。ソフトの方が音が小さいが響きが豊かではないでしょうか。
この要素を右左2本のペダルを絶妙に同時に駆使すると、魔法のようなレガートがうまれるという仕組みになっています。
これは単純に
「ウナコルダの指定があるときグランドでないと譜面どおり弾けないからアップライトはだめ!」
ではなくてソフトペダルの音の豊かさが奏者へ与えてくれ、ピアニストへ音楽表現の面白みを伝えてくれるピアノからのアプローチしてくれる。
自分は一般的な売り文句としての連打性能・音の音量や音圧がグランドの良さとは思っていません。
カラクリの自然さと整合性、ソフトペダルのこういった有益性はアップライトでは得られない言えると思います。ただこれもハンマーとペダルの調整がうまくできていなければ意味をなしませんm(__)m調整具合が大事です。
あまり調整できていないグランドでしたら、できてるアップライトを遥かにお勧めしますm(__)m
作られた年代とそれに見合った値段と外観だけが選ぶ判断基準ではないと思います。

3、KAWAI BL51※未掲載分 240.000円程度で検討中
こちらは下のようにクリーニングブースで現在作業していますが、ワイン色で奇麗なピアノです。
内部も他のスタッフが手を入れ始めていますが、仕上がりがよさそうな気配が漂っていてて、良い時代の良さを兼ね備えながら見た目もカワイイといったところで落ち着いてくれそうです。
それなりに見て頂けますが、まだ満足いくところまではきていません。
ただ仕上がりは自身をもってお届けできるピアノとなるかと思いますので軽くご紹介。





4 YAMAHA U1H 230.000円(税別)
どこでも売っている機種ではないの?と言われそうですが、どこでも売ってますが、入荷状態はこれまで見てきたどのピアノよりも良いほどすばらしい状態です。とにかく弾いてみればわかりますよ、と言える仕上がりを目指して調整中。
下手なUXや高年式の高価なピアノより仕上がりは良いと思いますよ。



とりあえずKAWAI BL51はまだ外装含め後になりそうですが他の3台はまず仕上げる方向ではじめています。
動画撮れる余裕あれば、ご紹介させていただきますm(__)m

斑鳩店はスタッフ、お昼より常駐態勢でできるようすすめていますが、もう少し体制確立に時間がかかります。
ご来店の場合は、できれば前日以前までに、当日もお電話だけは軽くどうかお願いいたしますm(__)m教室まわりも合わせて何かと人員不足で立て込んでおりますm(__)m

 
  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM