修理の治し。

- comments(0) trackbacks(0) gclef

さて、今日は。

展示品のディアパソン183のアクション整備です。

以前動画をここであげていましたが、調整はじめると、よくあの状態であげたな、とおもってしまうほど荒れ狂っていました。

ざっと一工程とりなおしましたが、まだまだあれています。

そして大橋の音はまだまだ埃にかぶっています。

仕上がれば曲でupできればと思っています。

やはり目指す音の方向性がYAMAHAなどとは全く違うピアノです。

 

他所でオーバーホールされたピアノが当店へはいってきています。

修理されたものの修理となるのですが、少しみていきます。

スタッフが本体ごろお預かりしてきました。なぜ??みていきます。

 

チューニングピンが新しくなっているのですが、異常に緩くて音律が安定しないようなのです。

さわってみるとフニャフニャになっていました。

まずピンの太さがおそらくやや緩めに使われて、乾燥環境で一気にさらに緩んだのか、、はじめからゆるゆるのピンを使うということはあまりないとは思うのですが、どうでしょうか。想像はそこそこにしておいて、いずれにしてもこちらでは治していくだけですから。

 

しょっちゅうここでも書いています。鍵盤クロスです。

当店ではここはかなり神経をとがらしています。

音色、タッチのすべての土台になりうる箇所で、消耗してなくとも汚れがあればすべて変えていってます

かなり深く張り込まれていて、タッチがもたつきます。

それを改善しようと相当つまみこまれて結局ガタガタになってしまっていました。

これもこのことをここで糾弾するつもりもありません、結構やってしまうことでもあるのです。

鍵盤奥のクロス、なんとキーカバー、鍵盤カバーであてがわれていました!

結果よければよいのですが、結構面白い発想といえば発想です、ですがここはフェルトではなこうてクロスをつかわないと性能が違ってしまいますかね。

ここにもクロス。

テープは交換されずに白く塗られていました、おそらく色の変色を気にされて塗られたのかと思います。

結構珍しいやりかたです。

チップが変わっているのであれば白いひもも一緒にかえるのが多いです。

響板の割れの修理。

ここは処置されていました。

ですので、結構ピアノ技術に重点をおいてられるところかと思います、しかも響板割れは完全分解しないとダメなのでピアノを寝かせる機械をもってられる工房系なのかなといったところかと思います。

ちなみに海の向こう側のピアノ達は、響板、結構割れます。

スタインウェイも割れたのを結構みてきました。

ハンマーは、国産の廉価のタイプを使用。

ここもオーダーだったのかもしれませんから、あとはこのハンマーをいかに生かすかで勝負するしかありません。

フェルトの密度が薄く、整音がむつかしいですが、やれることはやっていきます。

そして、ハンマーの角が立っています。

新しいハンマーは一度しっかり削ります、削ることにより音がコーン!とでてきます。

削られていないことを意味します、そして針もまったくはいっていないので響きがありません。

ここも一気にフェルトをむいて、針をいれていきます。

パッと見た感じはハンマーの並びも悪くないのですが手で押してみると、揃い目測で合わせた基準になっていました

ここは動作目測で合さないと基準が取れません。

結果「溜め」のないタッチになってしまいます。

鍵盤クロスバランス。

ここはフニャっと張られています。

ここはピシっとまっすぐにならにとタッチがまとわりついて、いくらクロスを圧縮してもねばりがとれないときがあります。

ここも修正です。

 

鍵盤ホール。

ものすごく大きくなっていましてガバガバになっています。

ここは音に影響が濃く、こだわった音にしたいならここは格別に大事なところです。

のこぎりで縦ラインをあけて、3mmほどあけていきます。

その後マホガニーの板をあてこみまして、やすって、あとはフィットさせます。

基音が強くでて、実りのある音がでてきます。半分程度は修正箇所になります、大変ですここは!

 

他にもいろいろとありますが、それでも一生懸命取り組まれたところを感じさせるところは確かにあるんですね。

ただ、ちょっとしたコンサートにも使いたいから、ということで「良い音」になるところまで、この予算で、という形のオーダーです。

よいところは残して、性能としてのオーバーホールをやり直します。

見た感じは弦もハンマーもきれいです、いかにも再生された感じなのですが、弾いて悪いとどうしようもないところがあります。

 

かなり荒れているので、どうまとまってくるのか想像がまだできない状態ではありますね。

ただ本当に非常に見えない地味なところを治していくのではありますがそこが音とタッチを刺激する場所です。

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM