またまた洋菓子店

- comments(0) trackbacks(0) gclef

上司の奥様が作ってくれたようです。

斑鳩店の看板です。

以前のが壊れてしまいました。

 

また洋菓子記事です。

お土産に購入する予定があったので、立ち寄りました、ここも有名なお店です。

以前書いたお店よりリーズナブルでおいしい。

そう評判を得てずっと人気店のようです。

 

比較的リーズナブルでおいしい。

上原ひろみの曲と同じお菓子がありました。

どれもおいしいですね。

ざっと適当に選んで買っていきました。

 

以前、店にお手伝いにきてもらった調律師さんとお話ししながら作業をしていた時です

 

「安く売る、というのは親切で必ずしもそれが良いとは僕は思わない」

といっていたのを覚えています。

 

実際自身がお客さんの立場で、今回は洋菓子です。

でも、比較的好意的な印象を今回ももちました。

店主も今日はひやかしような買い方(笑)でしたが、声をかけてくれました。

 

自分自身は、まず第一として色々なお客さんに会いたいというのは作業をしていく上で大きなモチベーションになっています。

そのために比較的安価であると見つけてもらいやすいのではとは思っています。

また、以前も書きましたが、アマチュアの方の純度の高さは、お客様に中古GPをお届けすることで気づかされたことです。

「いつかグランド」

いつかクラウン(車)という言葉が以前ありましたよね。サラリーマンの夢としていつか立派な車を乗りたい。

また、音楽においてもその専門の道を目指している方とまた違う純度があります。

以前、大先輩の調律師さんが「調律師には教えたくない」というわけです。

ピアノ技術者としては当然アマチュアあたるピアノに興味のある方々の方が遥かにピュアで、「それを使ってじゃどう商売するか、どう利用するか」という観点がない。と豪語されていました。

 

 

自信の領域を超えることかもしれませんが、熱心なアマチュアの方々を教える先生方もその純度に答えてあげてほしい、その準備をしてあげてほしいと思います。

 

自信の取り組みは、惚れ込んで抱き込めるグランドを突き詰めていくことでお返しとしたいと思います。

 

さて、中古展示品のディアパソン183です。

だいぶ、音になってきました。

高音は、点に近い瞬間的な音の粒立ち。

中音は、はにかむ横の動き。

低音は縦の動きで全体のフォルムを決めます。

トータルとして、大橋ディアパソンの特徴的なものが一つの楽器になります。

 

一通り工程を合わせて、再度もう一周あわせるとさらにフォーカスされることとなります。

国産において、個性が確立されているピアノは珍しいです、べヒシュタインやベーゼンやブリュートナーは手が届かなくともこういったピアノは手が届きます、そして、調整次第では、音の悦び、といった満足感自体は比較的同じような高いレベルで得られるのではないかと思うことがあります。

 

どこピアノも一台一台違う。

よく言われる言葉です、しかし自分自信は時に疑問に思います。

調律師の仕事は、ブランドの設計思想を突き詰めて、まずその一台のブランドの個性や設計思想を表出することにあるはずです。

まず「一つ」にしないといけません。

大橋ディアパソンなら大橋系の音があります。

消耗状態や保管環境の差異で、出た音に各々一台一台違うのはあまりにも当たり前のことといえます。

 

今回もこのピアノの入荷状態は、今までの183ディアパソンでも、全く違いすぎるほど各々違いますが、一つの音色成分がでてきて、タッチはレガートを得意とする特徴もやはりでてきます。

 

こちらもC3と合わせて色々な方に弾いてもらう予定です^^

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM