DIAPASON 音UP

- comments(2) trackbacks(0) gclef

展示品の183の音を先生がこられてましたので、撮影しました。

ご興味ある方は聞いてみてください。

 

大橋タイプであればこういった独立した音質と柔軟な中低音がでるはずです。が、この大橋DIAPASONは特有の音色成分をおもわせるところまで来るのに時間と手間がかなりかかります。

本来、値付け、値引き合戦の対象となるべきピアノではなく、設計思想が生きた国産の中でも際立った個性を形にできた数少ないピアノで、メーカーのブランド力などだけで選ぶピアノではないと思います。

 

はにかむようなミドルレンジと雑味を分解した独特の音質が生きてこそ大橋系のDIAPASONかと思います。

音色まではっきり確認するためにはヘッドホンが必要です。

 

一定のこういった個性がでるところまでやるのに時間が相当かかります。

ひたらすら音色のための修理と調整、整音を重ねないと、まったくつまらない音になることもある機種です。

結構お安めにしてますのでご興味ある方はご購入可能で一般ご家庭買取のため特価に設定しました(60万円程度)

 

ご趣味で中古品のアップライトを購入したが、興味がふくらみご家族で楽しむ方なども金額的に手ごろなのが良いかなと思いますが、ピアノは本格志向です。

また、KAWAIやDIAPASONは比較的早めに3本ペダルを搭載したので、こちらも搭載済みです。

 

本当の音色成分をまず表出させて認知してほしいという取り組みは、自分自身が深化しないとだめですし、もっとピアノといっしょに沈みこまないとだめで言葉いうほど簡単ではないですね・・・。行き先が決まれば、もう1,2つ深く潜ってレベルを上げてお届けします。

 

アップライトの非常にオーソドックスなYAMAHA U3Aという中古品として値段も性能も手ごろといわれる、ザ・YAMAHA中古ピアノというピアノを本日お客様よりお引き受けさせていただきした。

こちらも本来の姿で弾かれていないピアノの典型的なピアノである程度手を入れてあげればグランドが必要ないほどの音域と虚飾のない高品位の格調高い声をもった最後のU3世代で、こちらも音ができてくればご紹介したところですね。

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧

      良い音してますね。清潔一辺倒ではなく、味わいもある、これが大橋系の本来の音色なんですね。意外だったのが控えめかもしれないけど左手の音の中に、低音成分もしっかりと出ているなと思いました。

      • TAKEさん
      • 2018/02/07 12:15 PM

      TAKE様

      コメントありがとうございます。
      低音も説得力のある音をもっていて魅力的なピアノといえそうです。
      調整前は、どの183もチャラチャラと薄い音で出てくれるのでどうなるのか・・・と心配しますが、上品さをコーディネイトしてあげると、個性がでてきますかね。

      次はG2EをUPしようと思いますが、こちらも一般的にCと比べて大人しいといわれますが、本当は相当幅の大きいピアノで、箱の中で最大限に充実する、といったところが音楽を受け止めやすい構造で優れたピアノと思っています。個人的に家で弾くならGですかね。

      国産GPの真価はもっと掘り下げる余地は相当残っていると思います。

      • gclefさん
      • 2018/02/08 12:22 AM
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM