お見積りお伺い

- comments(0) trackbacks(0) gclef

今日は、ヤマハG3グランドを譲り受けた先生よりご連絡いただいて、みてほしいとのことでいってきました。

メンテナンスを見積もってほしいと。

 

 

調律師の仕事で、技術以外のところ、こういった商談のお見積り、ピアノをどこまでどうするのか?

これはとても重要でむつかしいことです。

 

オーバーホールするのか、ハンマーまわり+アルファでやるのか、下回りの修理と調整にするのか、調整と調律だけにするのか。

そこに、お客様の要望がはいってきますし、さらにむつかしいのはこのピアノはこんな姿がありますよ、と奏者の方へ見ていただきたい、という技術者としての気持ち。そして予算。

 

全ての要素で及第点に届かないといけません。

我々は専門家、と思われています。

専門家に見積もりをだされたら、なるほどと納得するしかありません。

また、一般的にある程度どこに依頼しても同じ工程なら値段だけの差と思われがちです。

ですが、どこを重要視するのか、どう見立てるのか、そして実際の作業です。

同じ工程を踏んでも、どう考えても全く違った結果になり得えるのは明確な事実といえます。

 

そんな責任を背負う仕事です。

響き板や駒など、重要部分などもみていって。

足回り。

駒の角度を調整しました。

バランスを中心に集めて、タッチも音もタイトにします。

アクションを出して。

この時代はどこも材質は素晴らしく良いです。

内部。

タッチがねばっこいです。

原因の一つに弦の錆や金属汚れとダンパーフェルトの固着があって動きがやや鈍いです。

ここは弦をクリーニングする必要があります。

 

 

錆がたまっていて、クロスは真っ黒。

皮はとても良い状態。

あまり弾いてなかった様子。

 

ざざっとみてだいたい見通しがつきました。

主要部品はそのまま使って大丈夫、タッチにかかわるクロスやピンを交換。

後汚れをとにかく落として、部品はきれいにして。

二日がかりで調整を行って、調律、音作りで…。

 

後は先生とお話しして、稼働状況やこれからどういった活動でどれくらい使うのか。

また少し弾いてもらって、弾き方を観察させていただきます。

 

「ピアノ、今の状態でどうですか?」

 

「なんか、足まわりの駒いじってもらってタッチが変わりましたね、タッチが落ちるっていうか、でもまだまだねばっと重いですね、Gシリーズって重いんでしょ?」

 

「そんなことないですよ、やってあげればスカっと軽くなります。最終的に仕上がればスタインウェイが家にきた!って思うほど鳴りますよ」まあ冗談半分ですが半分は本気のつもりです。

 

「嘘?!楽しみですね、やってください。後はあなたに任せておきます」

さっそくもってかえらせていただくことに。

お費用は10万円くらいです。

 

やることはアッセンブリ交換はしません、弦やハンマーもオリジナルを使います。

接点を見直して、土台を取り直して、あとはピアノから最大限響きを出してあげるようにします。

 

 

ヤマハのグランドで良い音にできなければ、どのピアノをしても同じように思います。

それほどやりやすいし、土台の裏付けがあるので変化させやすいです。

Gは暗いといわれます、今の状態は全くその音です。タッチも音色の暗さが重さに変えてしまっています。

 

きちんとしてあげれば晴天の晴れやかさとほがらかな、はにかんだような独特の音色成分のニュアンスがでます。

またそれが深みに通じやすく、また箱の中で充実した鳴りをするので非常に音楽がしやすい楽器なのに楽器として執拗に口うるさく奏者に口をはさんできません。

 

YAMAHAのGPなどはもう何台全体調整したかわかりませんが、必ず答えてくれます。

ですが、それだけにもう一枚脱がせていけるのでのはないか?と思わせる楽器でもあります。

本当は多弁な楽器である、というところまでいけるのではないかとおもうわけです。

 

音色成分、という言葉があります、絶対的に設計から根付かされた個性といえます、これをもっとフォーカスできるはずだ、という気持ちはすべての楽器に対して持ち続けているつもりですが簡単ではありません。

 

そして、先日、まあまずないことですが、どうしても以前動画にとったあるピアノの音が気になって振りかえって聞いてました。

そのピアノにはベールをいつもよりもう一枚脱げた音がしていた音域がありました。

どうやってこの音に成ったのだろう??1年前の過去にもどって聞いてみたいものです。

 

来週一週間かけて部品を交換して、仕上げて行く予定です。

 

最後に、100均でミシン針を買いました。

整音の針としてどこまで使えるのかテストしてみます。

下刺しといって粗く使う場面でも使えればかなり良いかなと思っています。

なんでも試してみます。

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM