G2ご納品

- comments(0) trackbacks(0) gclef

今日はG2Eの納品調律でした。

外装も新品のように仕上がって存在感が引き立ちます。

ものすごく立派なお家で、どこの社長邸宅かといったお家でした。

 

数日前に到着済みで、すでにかなり弾きこんでいることと推測しました。

 

「いやいや、ありがとう。本当に立派すぎるよ」

 

「ああ、、そうですか、ありがとうございます」

 

今日は数日前にピアノはお届け済みでした。

そして納品調律。

何回も今日この言葉を何度もありがたくもらったのですが、なにせ不安しかありません。

こちらはそのありがたい言葉を素直に受け取れなくて、とにかく鍵盤に触るのが嫌なわけです。

 

さあ、鍵盤にさわろうか…。

 

やっぱり違う、一瞬さわってピアノというのはだいたいわかってしまいます。

こうゆうものを届けたかったわけじゃない。

結局、運送にあたってあちこちずれてしまいます、調律も狂いますが、それ以上他の要素です。

 

いっしょに手伝ってもらって、足駒受けから調整です。

ピアノを持ち上げて駒の向きを調整して。

 

 

木製の床で優れた場所ですぐコンサートできる環境でした。

YAMAHAのGPは音にするどく角を出さないといけませんが、過剰で過敏な毛羽立ちは押さえたいものです。

調律おわって、おわたしして。

 

男性の方でピアノを弾かれる方は割と物理的なことのご質問をよく受けます。

今日もそうで、現在のピアノと過去のピアノの技術革新は?とのことでした。

今できること、できないこと。割り切れない、不安定な要素を伴った超自然的なものとしての楽器としてなど。

 

後、グランドピアノはお買い得ということをお話ししました。

バイオリンで60万円程度であれば、ようやくハンドメイドのラインナップ程度になります(新作)

現代の名工の新作で200~300万円程度します。

 

ピアノは、非常に大掛かりな規模で製作され、相当数の人数と材料、それを組み立てる過程、確保する手間と膨大な敷地の経費。広告費もそうでしょう。

一台完成するのに、大変な時間と伝統とその土着ゆえの美学をこの一台にすべて含んでいます。

例えば上記の300万円のバイオリンの多くは技術料といえます。絶対的な価値判断は当然できるはずもなく、するべきではありませんがコストパフォーマンスは相当なものになるように思います。

 

また、今日のお客さんが

「ピアノはいいよ、だってしばらくは調律くらいでしょう?他の趣味はなんでも維持費がすごいよ、税金をはじめ、なんなとお金かかる、ゲームだってそうでしょう、電気系はみなそうなる。ピアノはおいておいてもよいし買っておけばずっと使える」

 

このようになんだかんだと外で教えてもらっての日々です。

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM