GP探し

- comments(4) trackbacks(0) gclef

 

在庫のピアノが春先でたくさん動いています。

グランドも少なくなってしまって追加と、シュベスターが一台はいったので見に行きました。

仕入れ元は複数ありまして現物確認できる環境や電話でのコンタクトなどあります。

 

実物がみれること、またかなりの台数を複数同時に検討できるのがなにより強みです。

シュベスターはすぐみて即決でした。

状態がよくてこれ以上のものを待っていてもなかなか望めないものでした。

 

すぐにグランドへ

グランドは特に良いものがほしいわけです。

 

YAMAHA G3 74年程度のもの。

連れて行ってもらって、これは今までのG3の中でも屈指の状態の良さでした。

適度に弾かれて、保管されて状態の良さはすばらしいもの。

 

もう一台はマホガニーのKG3C

このタイプは前期のものはアクションが木製が修理がしやすく、KAWAIの伝統的なもの色濃く残した時代のものであえて前期のものを採用したいとおもうわけです。

 

どちらかを仕入れる予定です。

かなり悩みますね。

 

面白いのはKAWAIですが、G3の状態は非常にすばらしいです。

ディアパソン183も再入荷検討しましたが、すこし状態が思わしくなく今回はパスにしました。

 

なににせよ、はいれば国産に家庭用を音楽(MUSE)に手を掛ける過程用にするのが仕事ですから、我々がいじるための玩具や自身の意地のためでもなければ、商用のためだけではありません。

 

状態が悪くとも良くとも本来は関係なく、状態が良いものしか良いものにできなければ仕事としては大したことないといえます。

でもそれはこちらの都合ですから、やはり良いものを仕入れておければとはどこも同じでしょうか。

スタインウェイもかなり触りましたが、入荷したてではやはり使いっぱなしでは調整しないと本当に良いのかどうなのかわからない音質です。

ベーゼンもグロトリアン…etcも同じですね。

 

国産家庭用は調整次第で非常に良いラインのってきますからお得ですね。

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧

      変則8畳の和室に211センチのGPを置きたいのですが、うるさいとかでか過ぎるということはありますかね?
      希望はC5Eなんです。
      コメントよろしくお願い申し上げます。

      • tamaさん
      • 2018/04/19 4:10 PM

      tama様

      コメントありがとうございます。
      そうですね、こういった問題は一概に言えないかと思います。

      まず、お部屋の素材が非常に大きく、硬めの素材の壁や床であればかなり反射しますし、物がある、ないで相当変わってしまいます。

      また、高音、最高音あたりはサイズが大きくなってもさほど音量、としては比較的サイズの大きさによって変わりにくいかと思います、問題は中低音かと思います。

      次に、本体の差というのがありまして、これは個体差というより弦から響板へきちんと音が通るようにするようアクション調整されていると音ぬけがとても良くなるのでこれだけで鳴る方が大きく変わってくるといえます。

      畳であれば比較的デッドな音場といえますので、もし気になればピアノの下へ物をいれてあげたり、ピアノ下への吸音材や調音パネルを壁に立てかけたりするだけで相当変わりますので、耳が痛くて聞いてられない、などはこういった調整次第であまり問題はないかと思います。
      逆にお部屋が固めの素材で、遮音性が高い環境でこういった対策がなければそれなりに響くかと思い、音が部屋をまわってコントロールしにくい、ということは考えられると思います。

      ご参考にしてください。

      • gclefさん
      • 2018/04/19 10:55 PM

      どうもありがとうございました。
      やはり、ちょっと大型になるけど、この規模の大きさのピアノを持つのが目標です。
      理想の部屋の大きさは如何程なんでしょうか?
      頑張って実現してみたいです。

      • tamaさん
      • 2018/04/26 3:57 PM

      こんにちわ。

      5型は3とさほど変わらない使用感でお使いのケースが多いと思います。
      やはり7型になると一般的なお部屋にいれた場合、フルコンが家にあるような状態になるかと思いますのでかなり贅沢といえば贅沢な空間を作れるかと思います。

      お部屋のサイズですが、スペース的な問題でいくとメーカーサイトにサイズと部屋を確認できるようなページもあると聞いてます(自身はつかったことはありません)を利用してみるなどもよいかもしれませんし、お客様から割とききますのでもうご存知かもしれません。

      音響的なことは、6畳であっても吸音材の加減で響きは相当変わってきますのでやはり一概にはお答えしにくいですかね。
      それだけお床や壁の性質、吸音材でかなり響きが変わります。
      何もなしで固めの素材で狭めの空間であれば音楽をコントロールするのは少しむつかしいことにもなると思います。

      個人的な印象としては8畳和室へ大型を入れてみて後は音場調整である程度なんとかなるとは思います。
      ただ実寸のサイズ感は後で調整できないのでよく計測はすることは必要かと思います

      一般ご家庭においては比較的希少なサイズになるので一度ご検討されればと思います。

      • Gclefさん
      • 2018/04/27 11:44 AM
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM