今日はご納品

- comments(0) trackbacks(0) gclef

今日は白ピアノのご納品でした。

小さなお子様二人ととお母さまが弾かれるようです。

KAWAIのアップライト。

白なのでかなり可愛らしいものです。

小さい体で椅子にのって

よいしょっと

準備完了

器用に座っています。

 

KAWAIのピアノはおおむね音が柔らかくカワイトーンといわれる独特の音の成分があって、大人向けな雰囲気があります。

お客様を呼んでみせてあげていただいて、とお話しして。

言わなくても見にきそう、とのことでした。

 

旦那様もいっしょに弾いていただけそうです。

デジタルと違うことは、色々あります。

デジタルの目線でいくと、あちこち改良されて売り文句としては非の打ちどころがないようなことを掲げられています。

生ピアノ店でいくと、それに対抗した言葉が飛び交います。

 

上手くなるならない、表現ができないできる、などといったこと以上に、ブルグミュラー程度、いやバイエルでもなんでもかまわないのですが、それなりに練習もできるお子様に対して別々に弾いてもらって集中して椅子に座っていられる時間を計ればおそらく明確な答えが出るように思います。

ただただデジタルは疲れてすぐにクタクタになり疲労が蓄積します、アマもプロもお子様も先生も全くそれは同じように思う、というのが個人的な意見です。タブレットの授業なども個人的には同様に感じていて、紙、というものからまるでパーフェルトな性能の電子書籍に変わりきってしまうことはないように思います。

変わってしまうころには勉強を通してつかむものの対象が変わっているのではないか、という気がします。

 

中古品も大雑把な意味で本体は半永久的に使えるところがありますので、将来、お嫁にもっていってもらいたいと思います。

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM