ホワイト(白)中古ヤマハグランド展示してます

- comments(0) trackbacks(0) gclef

 

全体塗装を終えて帰ってきました。

真っ白のグランドピアノ YAMAHA G2

 

スタッフが開梱中。

グランドピアノの搬送はものすごく大変でプロにしかほぼできません。

なので、運送屋さんを値切ってあげないでください、といいたくなるほど今日も店内で3人がかりでひいひいいいながらです。

アップライトは力もちの方でもかつげます。

グランドはほぼ無理です。もつところをありません。

ロープの掛け方や動かし方、精通してようやく重さを合理的につかめるようになるわけで、そこから力勝負です。

 

 

我々も当然技術職ですから、工賃、というわれる技術料金はできるだけ値切りたくはないといったところで、ピアノの先生にとったらお月謝値切られる感じといえばわかりやすいはずです。

できれば手数でサービスしたいところです、でもできるだけ寄り添うようにはしているつもりです。

 

 

たってきました。

弦、ハンマー、響板ぬりかえ、フルオーバーホールという形をとっています。

フレームなどの塗装までしてあります、外観においてはすべて綺麗にあがっています。

 

鉄骨なども塗り替えてあります。

アリコート搭載タイプ。

鍵盤も張り替えてあります。

 

よく、このあたりは飛ばされる要素ですが、鍵盤ピンのまわりの底辺。

このあたりの部品交換をやらないとオーバーホールの意味がありません。

ブッシングまわりも全交換ずみです。

 

アッセンブリも交換済み。

 

かえってきて、搬送で随分土台がいがみます。

遠方の出荷の時、この本体とアクションのフィットをするがために遠方まで出張して取り直します。

 

 

再度合わせを行ってまた先生方に弾いてもらう予定です。

3本ペダル追加のオーダーもお受けします。

見た目だけでなく、美しい音を奏でる楽器として展示していきます。

中古ピアノサイトで確認していただけます

860.000円(税別)にて展示しています。

例えばお持ちのピアノをフルオーバーホールをピアノ店にお願いすると70万くらいかかります、ホワイトは特注になるのでさらに費用がかかります。

そう考えていただくと大変お値打ちで、新品をこの仕様で購入すると300万円くらいすると思います。

 

アップライトのホワイトもはいってきています。

こぶりでかわいく正面に窓枠があるタイプで、見た目はずば抜けて綺麗な一台です。

こちらは338.000円です

こちらも新品で購入すると100万近くしますのでお値打ちです。

内部セミオーバーホール品のため部品交換多数でお値引き対象外となっております。

 

展示中のディアパソン 183Eです

お客様が見学のご希望もいただきはじめていますので修理をすすめます。

このタイプはタッチが濃くでやすい機種で、どう回避していくか。

なかなかむつかしい問題です。即決できる回避術は基本的にないと思います。

それを単純なことを積み重ねて解決していくのがセオリーです。

 

 

とにかく基本になる箇所を部品交換します。

 

内部のクッションを交換して、弾性をもどします。

セクションによる弾きべたりを新品に変えることにより全体のバランスがとれてきます。

弾性が悪く、荒れてくると音に雑味がでてきて安っぽい音になります。

荒れるのが落ち着くとタッチが素直りなります。結果コントロールが楽になるので軽く感じる方向へすすみます。

 

 

内部の潤滑

使われた鍵盤ピンの潤滑まわり。

これでタッチがきれいにでてきます。これは基本の基本です。

 

さてここです。

ここのウイペンをどう直していくか。

スプリングを外してしまって、タッチの方向性を変える調律師さんも数人知ってます。

自分も以前試しましたし、何度もやってきています。

でもスプリング機能を再度もどしたときに、やはり上部でレガートができる利点、メーカーの設計基準を逆に感じさせられてしまいました。縦にタッチが確かに動きましたが、失われる動きがでてきました。

このウイペンをヘルツ型に交換しても万事解決とはそう簡単にはいかない可能性が高いです。それだけ設計された音色成分やアクション全体のバランスに深い関係性があってタッチというものが決まってくるといえそうです。

 

綺麗なアクションと木材、状態はとてもよいんです。

 

全て外して、一つ一つセンターピンという箇所をすべて変えていきます。

一つに3か所ついていますので、すべてやるとかなりの時間がかかります。

一日あれば終わりますが、一日潰れてしまいます。

しかもアクションの潤滑性が落ちていないにもかかわらず交換していきます。

一般的に手で動かして、問題ない、とすべての箇所で判断される状態で良好です。

でもここがある意味で落とし穴なのかもしれません、そのまま問題なしと通常は通過してしまってしまいます。

結果、微細な汚れと、新しいピンによる潤滑性を少しでもあげるために行います。

 

 

あちこち潤滑調整していきます。

自分なりの答えは、こういった少しの要素を着実に積み上げていくこと。

 

 

タッチを出す要素も軽め軽めに作っていきます。

最後に分銅をおいて鍵盤鉛調整を行って、及第点にのせる、というわけです。

時間がかかります、なぜ大き目のピアノ店にこういった年代のピアノは取り扱わないのか。

新しい年代という新しい印象があること

本当に材質と設計と組み立ての良い良さを表面化するには、相当の部品交換が必要で大変ということ(再生経費がかかる)

外装の痛みも年代経過により基本的には時間がかかる、これも経費的な問題。へこみがあればあるほど修理代がかかります。

といった状況をクリアしたからといって潤沢な利益がでるわけではないこと。これが事実といえます。

 

 

今日もコンクールっこのお子様とお母さまがご来店いただけました。

「タッチも良く、娘の演奏を外できいていてもディアパソンが一番良い」といっておられました。

こちらは68万円としていますが、本来もっているポテンシャルは非常に高くもっと高価でもよいピアノですね。

ただ、はいってきてそのまますぐ展示ができないピアノで、かなりの修理が必要です、また、外装もラッカーやウレタン仕様なので薄く分厚い現代のヘラクレスのようなポリ塗装ではなく繊細な塗装です。

 

良い音がでてきました。カンパネラなどこれで弾くと国産で右にでるものがいないほどリストに合います。

またこちらも先生にきて弾いてもらってUPしていこうかと思っています。

今までの183Eでも非常に特徴的にでているピアノでタッチもかなり良く仕上がってきていて最終的に重量調整を繰り返して、なんでもできるピアノへなれればといった状況です、黒鍵は天然黒檀で黒鍵を弾く場合、指が弛緩しやすい(天然木なので指がおのづと触れるたくなるようになる)のも秀逸です。

ご興味ある方はお早目に。外装は出荷前にやりなおします。

 

シュベスタ―ピアノ。

こちらもご希望の方がでてきていただいておりまして現在合間合間で出荷用に修理していってます。

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM