整備中など

- comments(0) trackbacks(0) gclef

 

シュベスターの整備です。

ピアノの調整はとても奥が深く懐が深いです。

 

ピアノのバランスをとる、という作業があります。

ピアノの整備は基準寸法に対して綺麗そろっていればほぼ納得できる音がでます。

ただその単純そうなことが大変むつかしく、メーカー工場などに依頼した修理や調整も同様、合ってない箇所も沢山あり、やっていない箇所すらあり、これまた血の通いにくい当たり障りのない割と淡泊な仕上がりも多いわけです。

 

組織といえば、少し道筋はずれますが以前、何かでみましたが

 

「比較的規模のある企業において、あまりに優秀であったり、出た杭ははずされて煙たがられて突き抜けた出世を阻むものです。無難が優秀であればあるほどその組織内で頂点まで出世することができます、数字や特別な技量で大きなことを成す人がよりよい役職にのこれないんですよ」

 

少しあまり縁のない話かもしれませんがなるほど、とおもったこともあります。

 

それはおいておいて。

まず潤滑まわりの問題、これが非常に大きな要素になります。

センターピンをはじめ、回転軸の汚れ具合や湿度の影響を受けます、よく日当たりの悪い箇所においていた、などで鍵盤の動きが悪い場合、これはしっかり治さないと話になりません、動きが悪いと、結果音の立ち上がりも悪くなります⇒湿気でピアノがだめになった、などといわれます。

ただ、きちんと修理さえできれば、きちんとピアノは大きな復元力をもって直ってくれます、仮に響板が多少ムクリがでていても良い音は出ます。

 

 

バランスの問題ですが、特に年代を重ねてピアノが新品と音もタッチも方向性が変わってきます。

こうなったときに杓子定規で当てることができない状況になってきます。

ここでどう調整をとるのか、ここは結構センスがいるところになってきます。

 

例えばスプーン掛け、といった調整作業一つのかけかたで音の発色が微妙にかわります。

ブライドルテープの調整、といった工程でも同様です。

バランスピンの位置でタッチのバランスは完全に変化します。

これらのこの微妙な要素を組み合わせてタッチのバランスをみていくことになります。

ここに門切り型で調整が通らない難しさがあります。

 

具体的には多少鍵盤の浅くつくってでもハンマーのストロークを前にとって古典的に弾けるピアノに近づけるのか、逆にタッチに溜めのあるものを作るのか。

実際奏者の弾き方が見れると参考に随分なります。

 

そんなこんなをしていると、あっというまに日が暮れてしまいます。

ですが、色々と試行錯誤をしている時は比較的集中力があるときです。

 

横に揃える、ということは調律師においてとても大きなことです。

調律もそうですし、調整はもちろん、整音もそうですね。

ですが、例えばアジア製で非常に立て付けの悪いピアノは、揃えようと思ってネジをまわすと「ポキ」っと折れます。

スプリングは横飛び出したりと、もう大変です。

中には横に揃えられないピアノもしばしば存在します。

 

面白いことに、はじめから状態が非常に良いピアノ。こういったピアノはなぜか後後での伸び幅を出すのにいつも苦労する気がします。よくなぜだろう?と思うのですが、変に状態が良いと、ここも使えるここも使える、で結局落ち始めている要素に手を入れなくなってしまってかえってそれが伸び幅に影響を与えているのかもしれませんね。

 

いずれにしてもきちんと願えば答えを出してくれるのがピアノの面白いところです。

 

先日、カフェで。

注文待ちで、なににしようかな。

 

「…ワァ!!」

っと驚かされて、教室の先生でした。

 

 

ひとを驚かすのも好きは好きですが、その大きな声で驚かされたのは自身だけではなく、その大胆さにチャーミングさを感じてしまいました。場所が違うと色々と違う話もできますね。

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM