ディアパソン183Eご納品

- comments(0) trackbacks(0) gclef

 

ディアパソン 183E ご納品させていただきました。

調律にお伺いするのが遅くなりまして本日いってまいりました。

 

防音室設置です。

 

「音が天井なしに抜ける、押したら押しただけ音がでる、とても気にってる」といってもらっていました。

 

 

ディアパソン 183E

このピアノは、しっかりメンテナンスしたピアノをご購入されるのをお勧めします。

では何かこちらがどこまでも立派にやっているのかというととても偉そうにいえませんが、やった分だけ変わるピアノということは確かです。

やらなければタッチが悪いし、音はぬけない、その割に音が荒れていてそれが鳴るように聞こえる状態になっているピアノが相当ありますというかほとんどそうなっているように思います。

 

ご家庭にお呼びいただいて良い状態の183Eは今のところ見たことがありません。

 

まず、アクションの底辺の本体合わせをしないといけません。

この時代のKAWAI ディアパソンは木材との間に隙間でてきていることがおおく、ここでタッチがまずすこすこぬけます。

 

納品運送で動いた土台を調整中。

低音がバンバンと音を立てて大きく動いています。

アクションと本体に隙間があるということで、これだけでピアノが鳴らなくなります。

鳴る、ということは整合性がとられていること、ボディへきちんと力が伝わっていることになります。いくらハンマーを固めても傍なりの域をぬけてきません、野球でいくとホームランを打ったときに非常に良い抜けた音がします、それに近いです。

 

 

次に摩擦する鍵盤クロスをはじめ、あちこちと減っていやすいです、これでタッチの質が著しく落ちている状態になります。

次に回転軸のピン、ここはすべて交換するくらいの気持ちでやる必要があります。かなり大変ですがタッチの滑りがでてくるようになりタッチが軽く、ピアニシモのレベルをとれるようになります。

 

 

 

そして、触った感じ全く問題ない状態でも交換するべきで、きわめて微細な汚れをもったピンが動きを制限してしまい、ピアノの可能性を小さくみせてしまいます。

 

このピアノは基本的に非常に鳴るピアノ、縦に動く音が特徴的できちんとやれば本家のベヒシュタインのようなクリアな音がでてきてます。うまくその特徴を模倣できた優れたピアノです。

 

 

防音室の中なので音の響きは感じにくいですが、どういった音色成分をもっているか。そういった意味で動画を簡単にとりました。

雑味がない、といった言葉はどういうことかいくらかお感じ頂ければと思います。

今どんな状態でお使いの状態の183Eでも必ずこういった調整するとこういった雑味のないクリアなすばらしい音色成分は復元できます。

弦、ハンマーは純正のままで大丈夫ですのでそう大きな費用はかからず再生できます。弦、ハンマー変えても底辺修理をしっかりしないと雑味は消えず良い音は得られません。また独特のタッチ感もシュワンダーが影響しているとも思いません。

こちらも弦ハンマーはオリジナルのままのご納品です。ヘッドホンでお聞きくださいませ。

 

 

横にあるYAMAHAのアップライトをお使いだったところ、全然違う、といっていただいて

気にってる、と何度もいっていただいて今の段階はほっとしています。

大人の男性の方ですが、結構むつかしそうなお仕事してそうな雰囲気の方が多いです。

今回も医療関係のお客様でかなり特別なお仕事のようで大変興味深いお話しをきかせていただきました。

 

 

ディアパソンGPも、現在の在庫状況が動きましたら随時入荷していきます。

まだまだ各メーカー、一部の評判がぐるぐるとめぐって本当の良いところがまだまだ認知されていない気がします。これは良い状態のピアノが少なく、ただただ調律メンテナンスだけになるとそうなりざるをえません。

基本的にすべてのピアノは良く可能性をもっていてるのは確かです。

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM