仕入れ先で

- comments(0) trackbacks(0) gclef

本当にすくなくなってきた中古ピアノの在庫の仕入れにいってきました。

 

洋物は見送りになりました。

ディアパソンのGPで良いものがありました。

210型で非常に好ましい音がしていましたこれは商品外だったようなのですが一度掛け合っているところです。

 

 

文字ばっかりでつまらないので、先日仕事にってました橿原神宮です。

遠方よりご来店される方は、斑鳩のピアノ店からは1時間かかりますが、東大寺の大仏さんもよいですが、こちらは敷地が圧倒的で、神宿る林に身の置ける場所。おすすめです。

 

 

アップライトもペトロフは良いものがなく、シュベスターや大橋もちょっとダメそうでした。

シュベスターは期待していただけに残念でした。

 

ちょうど別の方がお客様をお連れして商談をされていました。

面白いものでご案内している方が調律師であるとすぐわかるものです。

立ち振る舞いで営業の方と違うのがわかります。

姿勢のとりかたや語り口、お客様をリードしないと!といった気持ちの表れが色々と表にでるんですね。

 

お客様と同伴の方とでパラパラ弾いては、うーん。

 

調律師の方が、色々仕様説明でプッシュして。

おそらくこれから音大へ入るか何かの方でしょう。

 

またこっちでパラパラ、うーん。

どうも、これ!といえない様子。

 

本来はそれもそのはずでここはあくまでご家庭のピアノを仕入れたままなので、ご家庭にあったものそのままで展示されます。

例えば性能を1から10までとします。

ご家庭でそのままもってきた状態では2〜4くらいの性能のはずです。

梱包から起こして、アクションとの接点すら整っていないし、汚れはたまっているし、調律の狂いどうこうの話ではないはずです。

相当良い状態でメンテしてもらってもいない限りはその状態で選ぶにも選べないはずです。

 

性能8と9でどっちにしようか、なら本当の意味でどっちにしようかとなります。

2か3かではどっちがマシかな?になってしまいます。

 

仕上がればまるで別物になってしまうし、ならないと意味がない。

余計なことで、横やりでドライバーとペンチでもあれば、アクションとの接点だけでも調整しましょうか?とつい言い寄りたくなってしまいました。

 

選考されていた数台はメーカー的に必ず良くなるピアノ達です。

おそらくある程度のめぼしをつけて、また、つけれるだろう、その後は仕上げてもらってといったことだと思います。

ただそのある程度が根本的にかわってくるし、どういった修理の形を修めるのかで別のタッチと鳴りの楽器になります。

ピアノ選びは気持ちよく選りすぐって決めたいのではないかなと思いながら。ついそんなこと場面に出会いながら、ウロウロと。

自身はめぼしをつけてUPを1台だけ決めてきました。もう一台は悩み中です。

 

正直なところ自分自身も現状の状態でどこまで上がっていくのかはもちろん完璧にはわかるわけもなく手探り範囲が広く、ただ修理に正統的な方向性で確実な結果に近く仕上げられるのか、やや邪道に寄り道も必要なのか、相当難儀な道なのかは、ままわかるつもりなので、総合的に良さげなものを買っていくといった感じです。

 

 

C3はぼちぼちと進めていってます。

アクションは組んでいっています。あとは鍵盤まわりをざっと直して、調整調整で一旦形になります。

来週かな、といった感じの進捗状況です。

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM