ご納品まわりのこと

- comments(0) - gclef

 

年末までにいただいた仕事が結構たまっていて、ギリギリまでため込んでしまう状態になっていました。

今日1件目は、お預かりしていたアクションのご納品。

これも昨日の夕方までかかってしまい滑り込みでした。

結構最近こうゆうのは珍しいことです。

朝、ご納品して。

修理アクションについてです。

 

たとえばフレンジコード交換 センターピン交換…etcといった修理項目を行うのですが、やっているうちに破損個所がどんどん見つかったりもします。

この時どこまで治すのか、もしなかった場合でもついでのここもしておこう、というのはどこまでやっておくのか。

だいたいハンマー整形とハンマー動作調整はサービスで行っています。

ではあとのテープの調整や研磨作業は…。

やりだすとサービスとしてするにはやはり無理がきてしまいます。

 

ご納品のとき、ここもこうなっていますよ。とお伝えしますが、ここまでしてあげましたよ、という意味合いではなく、視覚的な満足感なども大事なもので見ていただくことにもしています。

湿気もぬけて。

「あ、すごい弾きやすい、うれしいです」と言ってもらえました。

 

2件目はそのまま移動して。

つかいはじめのピアノの総合メンテナンス最終日でした。

今日は4時間ほど滞在。

お費用以上に、と思いながらどこまでできたか…。

色々とご配慮いただくにつれプレッシャーが増えて。

お子様にもだいぶ手伝ってもらいました。

恥ずかしがり屋さんでも、少しづつ馴染んでくれはじめるとうれしいものですね。

 

 

10万円こえてくると、やはりかなりの額にもなるので期待値も高くなるはずです。

最後までピアノを信じてもくもくと。

お嬢さんがおられなかったので弾いてもらえなくてなんとも心配さを抱えながらご納品完了。

 

かえってからは明日の出荷のピアノの調整して、今日は終わりです。

明日以降はようやく一息つけます。

明日のご納品も本体預かりで20万円予算です。

良くて当たり前、どこまで期待を超えられるか…。

 

一つ技術的なことを。

 

こうして、鍵盤の深さを計って、丸い紙を入れ替えていきます

これで深さを変えます。

またタッチの「タイミング」を調整もできます。

こうして入れ替え作業をします。

結構有名な作業ですが、もうひと段階レベルアップしてみます。

よく鍵盤の下がる途中で「カクッ」となる、と言われます。

トーンスポットやアフタータッチといった言葉で巷で言われています。

このカクンのタイミングと音の出るタイミング、などをこの紙でどこのあたりをねらうか、ということできます。

 

 

人の感覚は、アフタータッチを深めにすると手ごたえのあるタッチに適したものになります。

早めにすると、美しい音が先にきやすくなって軽めのタッチで良い音がすぐにでやすくなります。

前者は輪郭のある音楽をするピアニストに適しています。身体的に未成熟だと手やからだの重力をそのまま鍵盤にかかってややうるさい品のない音楽になりやすいと思います。

ブーニンやキーシンなどはしっかりしたタッチで弾きますが、うるさく聞こえないのはとてつもなく高い基礎があるからだと思います。

 

後者、底まで弾かないピアニストに向いています。

ただ悪い要素としては、この弾き方では上部のみのうわついた音楽になりやすいことがあって、身体的な発達がない場合はとても上滑りな説得力のない音楽になりがちです。

コルトーなどはこちらでしょうか。美しさがボケないようにするためにコツコツと手元の技術の研鑽を積んだのでしょう。

 

人の指先は一つ鍵盤触れた瞬間に体が基準をとらえてバランスを記憶します。

それを能動的に調整しようとします。

ここにピアノの技術の広がりがあって、調律師の面白い領域があります。

ピアノは奏者との接点が指先だけなので内部の複雑なアクション状況にとても影響されやすい楽器といえそうです。

 

実際、音が変わる作業をしていないはずなのに、音が綺麗になったり逆になったりするのはこれによるものだといえそうです。

これを逆手にとって、タイミングの調整をそのピアニストに適したものにしてあげる余力の調整領域が少しあります。

 

上記の弾き手タイプにとって逆になると相当引きずらいピアノに一気にかわってしまいます。

紙数枚のことだけで、変わってしまいます。

ドイツの部品や素材に頼ることもよいですが、このような作業が大きくピアノを変えていく結果となります。

 

いずれにしても明日無事ご納品してようやく一息つけそうです。

喜んでもらえるかな。

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM