ドロップ調整

- comments(0) - gclef

 

今日は出荷のGPの調整でした。

写真が撮れていません…。少し今日はしっかりと写真でご説明したかったのですが…。

 

ドロップ調整といって、レペティションレバーの上昇を決める一つの調整があります。

これは、実際の作業としては鍵盤を下げていってカクンとハンマーが下がったところを横に揃えるわけです。

一般的に鍵盤を数鍵おしきって、ネジをまわして揃えていきます。

 

しかし自身は、実際の「ドロップした量」を揃えることにしています。

押し切って下げきると、ドロップしたところから少し上へ上昇します。

これで合わせません。ほとんどの方がこれでやられていると思います。

 

特に再生品などの場合は、ドロップした量を合わせるようにしないと、よいタッチがそろわず良い音と余白の調整ができません。

このやりかたですと一つの鍵盤を指の神経をとがらして、非常にゆっくり作業をする必要があり大変疲れ一台やるとぐったりします。

ですが、これがすばらしい音とタッチを作る際の調整の仕方だと思います。

誰に倣わずともやってれば色々きずくはずです。

 

(先日修理していたアクションにおいて、四角の樹脂部品のいがみ取りをしていたのですが、叩けど叩けど全くうごかず、これ以上すれば部品を破壊することになりかねないと手を止めました、残念、)

 

どんな年代のピアノでもどんなモデルでもどんな個性をもったピアノでも本来、一定の説得力がピアノから必ずでるものです。

それは機種や年代によるものではないと思います。

 

次回はハンマーの弦合わせのことも写真をまじえて書こうかと思います。

ここも、ソフトペダルの有用性をとる方法としてスタインウェイなどで採用されてますが、その意外な効果があり、YAMAHAでもKAWAIでも有用性は同じです。

 

肝心なのは、ピアノ弾奏にとっての有用性を力強く採用することにあります。

文字ばっかりになってしまいました。

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM