入荷のことも

- comments(0) - gclef

 

昨日UPした記事でKAWAIのRXAという手工ラインのグランドピアノ、またディアパソンの一本張りのグランド、写真を送ってもらった限りでは、KAWAIは骨組みの材質が美しくやはり丁寧で良い印象をもちました。こういったピアノは中古品でも所有する喜びも大きいことかと思います。

明日触ってみて判断することにしました。

結局どうであれある程度の人にお見せして価値のあるものまでは仕上がるとは思います、ただどれだけの時間とどういった経緯が必要なのかを見てくることにします。

 

ディアパソンの一本張り方式のタイプ、これはベーゼンドルファーが採用しています。この構造はあくまでそういった構造を必要とする音色を搭載するピアノにとって必要となるので、なんでもかんでも一本張りが良いということではありません。

とても状態がよくて仕入れておけば問題ないピアノなので最終チェックだけ、といった形かもしれません。

 

ただ、あまり展示品をためこんでしまうと、いざ良いものをご家庭からのお引き取りでお声かけいただいたときにスペース的に限りがるので取り入れができなくなるので、そのあたりが最も気を遣うところでもあります。

 

また、ご報告します。

とりあえず今までしてきたピアノと違うものを積極的に取り入れていきたいと思ってます。

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM