修理も開始

- comments(0) - gclef

 

RX-Aの内部のところを修理ついでにみてみます

もう処置してしまいましたがささくれなどがありました

サンドペーパーなどで処置してしまいます

意外とこんなところでも音とタッチがかわります。

鉄骨のバリなどを丁寧にとってあげると音が変わります。

黒鍵は天然黒檀鍵盤です。

ハンマーレストレールがアルミ。

KAWAIでは、はじめてみた仕様です。

ハンマーシャンク

当時のレギュラー品と違い、しっかりとした材をつかっています。

ハンマーは言うに及ばず、質が良い感じ、まだ整形したり針を入れていないでので詳しくはわかりません。

ウイペンは木製を使用しています。

下見のときに木製でなければどうしようかとおもいましたが修理がしやすいので助かります。

タッチの改善点をどこにもとめようか、また、調整過程でとれるものかと思っていましたが、ウイペンフレンジに動きの鈍さがあったので原因が明確になってよかったです。ここだけ樹脂が採用されていましたので木製の部品を入れ替えてタッチの向上ができそうです。

他中古品よりあらゆる箇所をよりよいものへ部品交換していきます。

いつか誰かにもらってもらうのでしょうが、どこへいくのか楽しみでもあります。

明日から底辺の鍵盤消耗品と調整をやっていきます、これくらいのピアノになるとコンサートピアノ仕上げのようなバランスホールの精密な調整もしていきます。

 

以前、落ち葉の話をアップしましたが、記事をみていただいて少し反響があってうれしいことでした。

では、自身の中で言われたことで憶えているのはバイトの店長から、怒られているときが華だからな!と何度も言われたことが覚えています。後年なるほど、と思えるまでかなりの年月を要しますが、そうなんでしょう。

 

スポーツでもなんでも相手がいないと話にならないことがあります

盤上遊戯でも対戦型スポーツでもなんでも、勝負が成立すらしない。

だから格闘技でもおわればノーサイドでお互いたたえあうのかなと。

 

オリンピックではつい日本日本と応援してしまい、人によってはついテレビで観戦していて政治的な問題がをかかえてみているほうが代理戦争のような意味合いも含んでみることもあるのでょうが、おそらくやってる本人は、こうしてみるとほとんどないんではないでしょうか。

 

ショパンコンクール年です、国柄で応援するなんてしたことありません。

内、外の考え方、というより、そう考えてしまう思考はどこからくるのか。

そんなことより人にやさしい楽器の手入れをしたいところですね。

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM