ブッシングレザー

- comments(0) - gclef

 

ドイツ製のキーブッシングレザーを購入しました。

ベーゼンドルファーなど超高級ピアノに使用されていて、値段が通常の赤のクロスのものと比べて材料費が10倍、20倍とします。

いつか使ってみたかったのです。

 

 

下の赤のところにあたります。

通常赤のクロスですが皮になるので、耐用年数は当然変わってくることもありますが、なによりタッチの質感の向上がどうなるか、です。鍵盤まわりは音、タッチの全ての基礎になりますので我々調律師の仕事の最も大きな仕事の一つといえます。

 

 

YAMAHAからテストしていこうかと思っています。

1,2mm実寸の皮がある、とのことでちょうど汎用性のある厚みなので良い機会かなと思いました。

良い方向へ出ましたら通常修理に適用していくと思います。

 

RX-Aの修理、いい加減早く終わらせたいのですがやはりあそこもここもとやるとなかなか進んでいきません。

今日なんとかすべてのセンターピン交換がおわりました。

センターピンの交換はとても大事です。

20年も使えばすべて交換してもよいくらいです。

RX-Aは基本的にほぼ木製アクションを使用しています。

ただ、ウイペンフレンジは樹脂でした。

ここも木製に交換します。

このピアノは違いますが、当時のKAWAIでセンターピンが真鍮そのままがはいっているフレンジがよくあります。

新品のときはよいのですが、メッキもされていないとなるとかなりの金属汚れがのこっていくことになるでしょう。

またブッシングクロスの摩擦が妙な抵抗感をもつタイプがこの時期存在していて、このタイプはフレンジごとやウイペンごと交換してもよいかもしれません。

 

RX-Aはウイペンを木製に変えて、あとのブッシングクロスは良い感触でセンターピン交換はなんなく進めることができました。

ウイペンはややしっかりめ、ジャックは軽めに合わせます、ハンマーはちょうど普通くらいのトルクで合わせます。

手元で修理する意味合いはこうしたトルクを調整できることにもあります。通常はどれも同じように合わせていくと思いますがタッチ目線では確かにそれぞれ個性をもたせます。

 

リーマーを使用しているときに、トルクと音をイメージしながらこすっていきます。

 

あとは、クロスの交換もしてしまって、あれこれやって来週半ばには音だしに行けると思います。

楽しみです。

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM