ご納品

- comments(0) - gclef

 

DIAPASON 183Eのご納品でした。

先生のお家へご納品。アップライトからの買い替えでした。

 

今回は後日調律訪問で、今日してきました。

湿度が少しあるお家なので少し変化を見守ってから納品調律することの意味合いはあります。

 

変化って??

まず音程に関してですが、湿度が高いということはピアノの響板はクラウンといわれる、微妙にそるようにできていてこれが駒と響板との密着に深い関係性があって、この圧力を弦圧などといわれます。

非常に基本的なことですが、湿度が高くなればクラウンの反りが変わります、結果的に真ん中左あたりから真ん中を中心にが音程が顕著に変化します。特にオクターブや和音に対して変化がおこります。

単音での狂いは奏者のタッチの強さや調律師の音の止め方が大きく影響してきます。

また、各部トルクや鍵盤のクリアランスの締め付けが高くなりますので、こうなるともう別のピアノになってきます。

後日いかしてもらって正解。

 

さて、大橋タイプのディアパソンは才能をもってうまれいますがアクション誤差が大きく出やすいことや、部材の再調整や修理が音色に大きく影響します。購入店で大きな差がでるピアノと呼んで差し支えないとおもいます。

 

 

特別なことではなくて、基本を忠実に抑えていけば確実にオオハシの音になってきますが、ちまちまと動作に問題もないセンターピンの交換やフェルトの交換、ペダルは毎回ペダルボックスをばらして直す必要もあります。精度と部品の材質や精度が粗いところも多いので経費もかかります。外装もクラックが出やすいしで手間は相当かかりますね。

 

調律が終わって。

 

今日はどうだったでしょう。

今日は調律後「音が華やかになった」との感想でした。

通常の調律とは意味合いが違うのですが、今回はタッチ変化があった分、それなりに調整し直したのですが、反応のお声にすぐでなかったです。

これが結果です。感じてもらえなければ仕事にもっと突き詰める要素があったのでしょう。

余談になりますが結果が大事です。

自分自身がその時もし、たとえどんなに手間暇時間をかけたと思っても、結果として相手に伝わるほどでないと意味がないし本当に意味がない。こんなところもやったんですよ、こんなことをしてあげたんですよといったところで、それはただ自分の労を認めてほしいとわざわざ自分で言ってしまっているだけで、良い仕事を届けたいという気持ちの本質とはもう随分外れてしまっています。

 

話がずれてしまいました、コロナで思う事多いです。

非常事態の状況下において自粛中もそれ故もっといろいろとできると思っていました。

甘かったです。結局きっかけを与えてもらって仕事させてもらっていることを痛感しました。

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM