入荷なども。

- comments(0) - gclef

 

レーニッシュのアクション修理にはいっています。

レンナーアクションを搭載して、ドイツ製らしく。

国内でもアトラスやシュベスター…アップライトでも高級ラインナップに搭載されていたりしますね。

RONISCH ドイツ 中古品として販売していきます。

 

 

鍵盤まわりの状態はブッシングは良いピアノにする基本中の基本です。

ここで多くのことが決まってしまいます。

世の中の流れで、ネット環境が整い多くの情報が得られるようになりました。

部品のメーカーが問題ではありません、部品の組み方、調整の仕方が問題です。

レンナーであろうとデトアであろうと国産であろうと調整が適切なピアノが常に優位な結果になります。

ただ、つかみやすい、表に出やすいのところで納得してもらいやすいのでそうなってるんだろうとは思います。

 

 

DIAPASON183Eはいってきました。

この機種の引き合いが多いです。

当店に関してはもっとも多いくらいです。

できるだけお安く販売いたします。

この機種は同時代のYAMAHAはまだ2本ペダルだったので、3本ついているし、大橋系だしといったところで人気もあるのかなと思います。仕上がると国産らしくない固有の音色成分がでてきます、ハンマーに硬度がいるので、純正のままのほうが音色づくりが楽なピアノともいえます。どうしようかな…。同じ183Eばかり量産するつもりはないので色々工夫して一台一台際立たせてお届けしたいですね。

 

 

当店では、修理の部品や人件費等を計算して値段がきまっています。

当たり前のことですが、何が違うのかというと、変えなくてもまだまだ使えるものもどんどん交換していきます。

結果、機種独特の音色成分へのアプローチが可能となるからです。

このピアノはウイペンアッセンブリ一式交換してしまってもよいかなとおもったり色々検討してます。

それに大橋系はペダルの修理が必要です、ペダルBOXを分解して潤滑をあげる必要があったりします。

 

70万円台になるともいますね。

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM